www.aureabeer.com

-

-

生命保険とは、その人の生死・病気・ケガなどが保険の対象となっており、予期しない事態が起きて生活が困難になった等、まとまったお金が必要となるような場合に備えておくものです。 保険会社によっては、死亡保険金を高く設定してよりお得な保険に見える様に宣伝されていますが、意外とお金がかかるのは入院・通院費です。 治療費は保険がきくのでさほど金額が大きくなりませんが、入院したらホテルに泊まっているようなもので、部屋代と食費が別途かかり、通院し始めれば交通費もかかります。 そこで、保険の加入時に気を付けている事は、入院給付金の日額と期間、通院保障日数を見る様にしています。 厚生労働省の調査ではケガ等での入院日数の平均は32.8日、生命保険センターの調査では入院時の自己負担費用は22.7万円、 日額平均にすると約7,000円かかる事になります。 これをふまえ、日額10,000円程度、入院限度日数は30日程度の物を選んでいます。 通院を始めると、完治まではどのくらいかかるかが不明な為、出来るだけ長期間保障してくれる会社が理想ですが、90日程度を目安にしております。 保険を使わなくて済むのが一番ですが、万一の為にも、掛金の少ない若い頃に加入しておく方が良いと思います。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.aureabeer.com All Rights Reserved.