外国為替市場は24時間

-

-

実際にPCのディスプレイの前に座って、つねに動いている市場を見ていると直ちに売買をしなければいけないという欲求が生まれる状況も少なくありません。

しかしながら、あやふやな思いで売買するのは絶対に避けてほしい。

事実、外国為替市場は24時間、常時どこかの国の市場は変化しているし、マーケットも常時、上がったり下がったりします。

そうであっても、闇雲に注文を積み重ねるとその分だけマイナスになる危険性が高くなってしまいます。

確かにトレードの数を経験することによって勝つ確率が五分五分になるのは事実。

でもその事は「ぼんやりとしたアイデアでトレード」してしまうこととは別の問題です。

注文回数を積み重ねる事の意味はあなたが「ここは!」と考えるチャンスを得たうえでの売買回数を積み重ねるという事を意味します。

ただ何となく、絶え間なく注文を重ねるのとはかなり違う。

為替相場の駆け引きにi挑むには、白分でメリハリをつけることこそが大事だ。

「ここだ!」とよく考えた相場の時には、思い切って所有ポジションを買い増して積極的に利益を求めます。

「何となく分かりにくい市場でどう変化するのか理解できないな」と考えた時は観念して持っているポジションをひとつも残さないで諦めて黙っています。

それぐらいのけじめをつけた方が結果的には取引は成功します。

マーケットの金言には「休むも相場」というものがあります。

本当に言葉どおりだと感じます。

為替取引とはいつでも売買ポジションを所有する事がすべてではなくポジションを所持せずじっと待っている事もまた外国為替相場です。

それならば、いつ、休むべきなのでしょうか。

ひとつめは、前述したように、現在の市場が良く見えない時です。

今後高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時は思いつきで行動すると、思い描いたストーリーとは逆の方向に外国為替市場が変動してしまい、損失を被る事になります。

そのため、こんな場合はポジションを諦め何もしないで静観しているのが良い方法です。

もうひとつは、健康状態が変なときです。

体の具合と外国為替市場に影響ないと感じる方もいますが実は案外つながりがあります。

体の具合が思わしくなければ、外国為替市場の判断しなければいけないところで正確な決定をする事ができません。

気分が乗らない時は、相場から距離を置くことも必要な事です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.aureabeer.com All Rights Reserved.