血圧は寒い時に注意します

-

-

寒い時期には、中高年の人は注意する必要があります。

心臓病や脳卒中に注意しなくてはいけません。

統計的にみて、12月から3月の寒冷期にそういった疾患による死亡率が高くなっているからです。

血圧は普通だと、夏は低くて、冬は高くなります。

これは、冬は寒さに適応しようとして交感神経と内分泌系の機能が働き、末しょう血管が収縮するためです。

高血圧とは、140/90mmH以上の血圧のことをいいますが、最も望ましいとされている血圧は、120/80mmHg未満なのです。

ですから、普段から自分の血圧を意識するようにして、急激な変動に気付くことのできる体制が望ましいのです。

血圧が正常値に収まっていない人は、食習慣を見直してみなくてはいけません。

食べ過ぎて肥満となっていないかどうか、味付けの濃いおかずや加工食品、漬け物、干物、汁物の塩分は大丈夫か、野菜、果物、イモ類、キノコ類、海藻類は十分に食べているかどうか、魚介類より、肉類を多く食べているといった点を精査してみます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.aureabeer.com All Rights Reserved.